environmental report 2016

環境理念
 大学生協東京事業連合は、関東甲信越の大学生協を会員生協とし、物品、メニュー、サービスの開発、調達、物流、経理、システム管理の全般を受託する事業連帯組織として、会員生協の発展と組合員の生活向上に貢献することを使命としています。
私たちは、大学生協の事業活動の一端を担う者としての自覚を持ち、環境負荷の軽減と汚染の予防に取り組みます。

環境方針
大学生協東京事業連合は、事業活動の環境影響を認識し各事業所で以下の環境保全活動を推進します。

1. 東京事業連合の活動、製品およびサービスにかかわる環境関連法規、規制、協定等を順守するとともに、自主基準を定め管理します。
2. 環境方針より以下の項目をテーマに環境目標を設定し、その実現に向けた運用管理の取り組みとPDCAサイクルを推進し、継続的な改善を目指します。
(1) 環境に配慮した商品とサービスの開発、選定、提案をすすめます。
(2) 事業活動の効率化によって省エネルギー、省資源をすすめます。
(3) 管理水準を高めて廃棄物を削減し、再利用、再資源化をすすめます。
3. 会員生協、関係団体、お取引先、公的機関と情報交換し、環境保全活動の推進に協力します。
4. 一人ひとりが環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、環境方針の理解と環境意識の向上を図ります。
この環境方針は全職員に周知するとともに一般の人々が入手できるようにします。

2016年3月1日
生活協同組合連合会
大学生活協同組合東京事業連合
専務理事 和久井洋一