environmental report 2016

環境保全活動への取り組み その2
職員ひとり、ひとりが環境の意識を高めるための取り組みを進めました。

photo●「エコピーノート」の配布
 東京事業連合で運用されている様々なリスク管理(環境、個人情報保護、労働安全衛生、防災)について、全職員が理解を深め、実践に役立てることを目的として、毎年更新しています。

●環境月間
5月1日〜10月31日の期間で省エネのための「ECOスタイル」を実施しました。消防訓練を年間計画で定め、サイト毎で実施しました。

●環境リフレッシュセミナーの開催
2015年度は東京都下水道局の広報施設を見学、レインボータウン・ガイドツアー(館内をアテンダントが説明しながら見学)、水の大切さや下水道の役割、下水道の仕事についてのショートムービーを視聴しました。
photo

法令等の順守
環境汚染の未然防止の観点から、法令順守はもとより自主基準やガイドラインを設定し、環境管理に取り組んでいます。

●環境関連法規制 順守状況
大学生協東京事業連合では環境管理委員会において環境関連法規制チェックリストを用い該当部署による監視を実施し、法令順守状況を確認しています。

2015度は、環境関連法規制に対する違反事項はありませんでした。

【主な環境関連法規】
消防法、高圧ガス保安法、水質汚濁防止法、浄化槽法、下水道法、再生資源利用促進法、廃棄物処理法、容器包装リサイクル法、自動車No.x・PM法、家電リサイクル法、食品リサイクル法、改正フロン法、自動車リサイクル法、労働安全衛生法、地球温暖化対策推進法、省エネルギー法、東京都条例(新宿区・杉並区条例)、埼玉県条例(所沢市条例)