HOME

沿革と年次レポート

沿革と年次レポート

大学生協東京事業連合の沿革

創立

大学生協東京事業連合は1969年10月1日に創立総会を開催し、同年12月19日付で東京都知事の認可を得、翌1970年1月1日より事業を開始しました。

設立発起人は法政大生協、東大生協、早大生協、東京理科大生協各理事長で、事業は東大、早大、慶應、理科大の4大学生協で始められました。すでに、全国でも多くの大学生協が発足し事業を行っていましたが、個々の単位生協だけでは実現できない、組合員の期待に応えるための新しい組織の必要性が認識として一致しました。当時、日本の生協の中に「事業連合」という組織はもちろん名称や先例もないなかで、東京都の認可を得て法人として活動を開始しました。

会員加入数の推移

加入生協推移 東京事業連合の活動
1969 4 東京事業連合創立
1971 12  
1972 20  
1974 20 朝霞流通センター開所
1976 22  
1977 24  
1978 30 自炊のすすめ発行
1979 32  
1980 35  
1981 37  
1982 37 渋谷会館竣工
1983 38  
1988 40 Uライン稼働
1989 49  
1990 51  
加入生協推移 東京事業連合の活動
1991 53 所沢流通センター開所
1993 54  
1994 56  
1995 57 環境管理計画策定
1996 58  
1997 63  
1998 65  
1999 64 全国事業の受託はじまる
2001 66  
2003 67  
2004 66  
2005 69  
2006 70  
2008 70 新会計システム稼働(TKシステム)
2014 69  

商品分野別供給高の推移

商品分野別供給高の推移

大学生協東京事業連合概要

概要

名称
生活協同組合連合会 大学生活協同組合東京事業連合
(略称:大学生協東京事業連合)
創立
1969年10月1日
代表者
理事長 椿 弘次(早稲田大学名誉教授)
会員生協
区域(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・長野県・新潟県)
会員生協数
69大学生協(2016年2月現在)
組合員数
60万人(2015年8月現在)
役員
理事18名・監事7名
総供給高(会員生協)
591億円(2015年度)
事業連合出資金
13.7億円(2015年度)
施設
*杉並会館(事務所・会議室)
*市ヶ谷事務所(第3事業部・トラベルサポートセンター・事務室)
*所沢センター(流通センター・事務室)
取引銀行
三菱東京UFJ銀行
りそな銀行
中央労働金庫
三井住友銀行
みずほ銀行 他
所轄官庁
東京都
関係団体
日本生活協同組合連合会
東京都生活協同組合連合会
全国大学生活協同組合連合会
全国大学生協共済生活協同組合連合会
所在地
〒166-8532 東京都杉並区和田3丁目30番22号
電話 03-5307-1133(代表)

事業別供給高構成比(2016年2月末)

事業別供給高構成比

財務データ(貸借対照表・損益計算書)

2016年2月29日現在(単位:千円)

貸借対照表
資産の部 金額 負債・純資産の部 金額
流動資産 現金・預金 7,498,014 流動負債 買掛金 11,939,796
供給未収金 8,400,236 その他流動負債 7,994,583
その他流動資産 3,165,538 流動負債 計 19,934,380
流動資産 計 19,063,790 固定負債 退職給与引当金 1,605,740
固定資産 有形固定資産 3,409,733 その他固定負債 34,790
無形固定資産 1,022,424 固定負債 計 1,780,197
その他固定資産 282,479 負債合計 21,714,577
固定資産 計 4,714,638 会員資本 会員生協出資金 1,370,290
      剰余金 法定準備金 303,987
任意積立金 -      
当期未処分剰余金 389,573
剰余金 計 693,561
純資産合計 2,063,851
資産合計 23,778,428 負債・純資産合計 23,778,428

自2015年3月1日 至2016年2月29日(単位:千円)

損益計算書
供給高
供給総剰余金
53,806,106
190,476
経常剰余金 421,585
事業収入 4,168,379 特別利益
特別損失
-      
8
事業総剰余金 4,358,856 税引前当期剰余金 421,577
事業経費 3,977,984 法人税等 44,348
事業剰余金 380,871 当期剰余金 377,229
事業外収益
事業外費用
115,164
74,449
当期未処分剰余金 389,573

(注)千円単位未満を切り捨ててあるため、合計とは一致しないものがあります。

大学生協東京事業連合HOMEへ戻る
HOME

沿革と年次レポート